TOP業務内容デジタルエンジニアリングチーム > 航空写真GISデータ作成
デジタルエンジニアリングチーム

航空写真GISデータ作成

地図上での位置情報(座標)を持たない航空写真データの位置合わせを行い、GISソフトウェアで使用できるデータを作成します。

位置情報を持たない航空写真
位置情報を持たない航空写真データ

※サンプルに使用した航空写真データは、航空写真画像情報所在検索・案内システム(国土交通省国土政策局)よりダウンロードしました。

※基準となるGISデータは、基盤地図情報ダウンロードサービス(国土地理院)よりダウンロードした道路縁・建物データです。

AutoCAD Civil3D(Map3D)による位置合わせ

基準となるGISデータと航空写真の画像データを比較し、共通の目標物や重なる道路縁などから航空写真データの位置を補正します。

単純な補正の場合は、航空写真データの移動と回転、サイズ(尺度)変更を行います。ラバーシート補正では、航空写真データを任意の点で湾曲させ、より正確な補正を実行することもできます。

航空写真の位置合わせ
航空写真の位置合わせ
航空写真の位置合わせ

GISデータとしての航空写真

位置合わせをした航空写真データのワールドファイルを作成すれば、他のGISソフトウェアで読み込んだ際にも、同じ位置に正確に航空写真データを配置することができます。

航空写真と対となるワールドファイル
航空写真と対となるワールドファイル

QGISでワールドファイル付きの航空写真データを読み込んだ例
QGISでワールドファイル付きの航空写真データを読み込んだ例

航空写真だけでなく、道路現況図等の各種平面図、工事(設計)平面図等も位置合わせを行うことが可能です。GISデータ作成は協進エンジニアリングにお任せください!

情報発信

お問い合わせ

電話でのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

eメールでのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

アクセス

有限会社協進エンジニアリング

〒532-0012

大阪市淀川区木川東3-6-20

第五丸善ビル6F

ブログ