TOP業務内容デジタルエンジニアリングチーム > ラスターのGeoTIFF化、ワールドファイル作成
デジタルエンジニアリングチーム

ラスターデータのGeoTIFF化、ワールドファイル作成

ラスターデータを地理的に正確な位置に配置するためには、位置情報を持つファイル形式(GeoTIFF)にするか、座標を指定するためのファイル(ワールドファイル)を作成します。

GeoTIFF、ワールドファイルとは

GeoTIFFファイルは、地理参照情報が埋め込まれたイメージファイル形式です。ファイル内に位置情報が保存されます。ワールドファイルのように別ファイルが作成される訳では無いので、エクスプローラ上でそのTiffが位置情報を持っているかどうかは判断できません。

GeoTIFFファイルのサンプル

GeoTIFFファイル

GeoTIFFファイルのように直接ラスターデータに地理座標情報を持たせるのではなく、座標値などを記述したテキストファイルを別に作成して、ラスターデータに地図座標を持たせることができます。このテキストファイルがワールドファイルです。画像ファイルと対になります。

ワールドファイルのサンプル(.tfw)

ワールドファイル(.tfw)

ワールドファイルを作成することができるラスターデータは、Tiffの他にJpegやBmpやpng等。それぞれのワールドファイルの拡張子は、.tfw、.jgw、.bpw、.pgwとなります。(画像ファイル拡張子の最初の文字+最終文字+「w」という規則です。)

下のサンプル図面は、世田谷区が公開している道路現況平面図です。PDF形式で公開されているのでこれを画像データ(Tiff)に変換して、AutoCAD Map3D(Civil3D)上で位置を合わせました。背景図は、基盤地図情報ダウンロードサービス(国土地理院)よりダウンロードした道路縁・建物のデータです。

このように位置を合わせ、不要な部分を切取り、GeoTIFF形式で保存するか、ワールドファイルを作成します。

ワールドファイル作成

GeoTIFF形式または、ワールドファイルを作成したラスターデータは、他の図面ファイルやGIS上でも同じ位置にぴったりと配置することができます。

QGISでワールドファイル付きのTiffデータを読み込んだ例

QGISでワールドファイル付きのTiffデータを読み込んだ例


事前のラーバーシート補正により歪みを補正することによって、より正確な地理情報を持ったラスターデータを作成致します。

ラスターデータのGeoTIFF化およびワールドファイル作成は、協進エンジニアリングにお任せ下さい!

情報発信

お問い合わせ

電話でのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

eメールでのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

アクセス

有限会社協進エンジニアリング

〒532-0012

大阪市淀川区木川東3-6-20

第五丸善ビル6F

ブログ