TOP業務内容デジタルエンジニアリングチーム > Excelからスクリプトファイルを作成
デジタルエンジニアリングチーム

Excelでスクリプトファイルを作成し、AutoCADで自動作図

AutoCADレギュラー版では、ExcelVBA等といった外部アプリケーションから操作・作図することができるのですが、AutoCAD LTでは外部のアプリケーションから操作することができません。しかし、AutoCAD LTでもスクリプトファイルを実行することによって、ある程度の自動化を図ることが可能です。

スクリプト(拡張子[scr])とは

スクリプトファイル(拡張子[scr])とは、AutoCADで行う一連の操作をテキストで記述したファイルです。作図するための一連のキーボード入力(コマンドやオプション)を記述します。このスクリプトファイルをAutoCAD LT上で実行すると、様々な操作が自動実行される仕組みになっています。

スクリプトファイル(scr)のアイコン
スクリプトファイル(scr)のアイコン

スクリプトファイルの中身はAutoCADのコマンド
スクリプトファイルの中身はAutoCADのコマンド

Excelからスクリプトファイル(scr)を作成する

ExcelのVBAを利用して、シートに記述された表などを作図するスクリプトを作成することができます。

Excelからスクリプトファイル(scr)を作成する

下の例は、Excel上のデータ(表)をスクリプトに書き出し、AutoCAD LTで作図した例です。

Excelからスクリプトを作成し、縦断図を作成
Excelからスクリプトを作成し、縦断図を作成

Excel上の任意の表を自動作図
Excel上の任意の表を自動作図

AutoCAD LTでも、スクリプトを作成することにより、ある程度の自動作図が可能になります。Excelからのスクリプト作成について、是非、協進エンジニアリングにご相談ください。

情報発信

お問い合わせ

電話でのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

eメールでのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

アクセス

有限会社協進エンジニアリング

〒532-0011

大阪市淀川区西中島4-13-22

大拓ビル17 301号室

ブログ