TOP業務内容デジタルエンジニアリングチーム > オリジナルプログラムで道路ポリゴンを作成する
デジタルエンジニアリングチーム

道路ポリゴンを作成する

オリジナルプログラムにより効率よく道路ポリゴンデータを作成します

弊社には、ポリゴンデータを効率よく、迅速に作成するためのオリジナルプログラムがあります。このプログラムを利用して道路ポリゴンを作成する事例をご紹介します。

下図の事例では、基となる道路縁(ラインデータ)は、国土地理院の基盤地図情報ダウンロードサービスのサイトからダウンロードしたシェイプデータです。

AutoCAD Map3D(またはCivil3D)では地理的な座標系を持ったシェイプデータ等を取り扱うことができます。

シェイプデータとしてインポートしたラインデータから、弊社のオリジナルプログラムによりポリゴンを発生させて、シェイプデータとしてエクスポートするといった作業も、GISデータとしての精度を保ったまま行うことができます。

ダウンロードしたシェイプデータをAutoCADに取り込む

インポート

オリジナルプログラムにより道路ポリゴンを作成

道路ポリゴン作成

エクスポートしたシェイプファイルをQGISで表示した例

エクスポートしたシェイプファイル

エクスポートしたシェイプファイルをArcGIS Onlineで表示した例

エクスポートしたシェイプファイル

道路縁のような境界となるデータがあれば、建物や河川など、様々なデータから容易にポリゴンデータを作成することができます。

情報発信

お問い合わせ

電話でのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

eメールでのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

アクセス

有限会社協進エンジニアリング

〒532-0011

大阪市淀川区西中島4-13-22

大拓ビル17 301号室

ブログ