TOP業務内容デジタルエンジニアリングチーム > 浸水想定区域図データの電子化
デジタルエンジニアリングチーム

浸水想定区域図データの電子化

目的

浸水想定区域図に関わるデータ作成の効率化を図ると共に、市区町村の洪水ハザードマップ作成に浸水想定区域図の情報を円滑に活用できるよう、河川管理者が作成する浸水想定区域図に関わる電子データのデータフォーマット、ファイル形式及びその作成手順を統一化することを目的とします。

主な業務内容

浸水想定区域図CSVデータ作成

解析結果のアウトプットより、『浸水想定区域図データ電子化ガイドライン』で規定されている統一フォーマットでCSVデータを作成いたします。

コンターデータ作成

最大包絡CSVデータから等深線コンターデータを作成いたします。

GISデータ(シェープファイル)、DXFデータ変換

最大包絡および破堤点別のCSVデータを、それぞれシェープファイル,DXFファイルに変換いたします。

成果イメージ

浸水想定アニメーション

浸水想定アニメーション

等深線コンターデータ

等深線コンターデータ

情報発信

お問い合わせ

電話でのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

eメールでのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

アクセス

有限会社協進エンジニアリング

〒532-0012

大阪市淀川区木川東3-6-20

第五丸善ビル6F

ブログ