デジタルエンジニアリングチーム

河川現況調査

調査目的

河川現況調査は、地域開発・公共事業の進捗等により変化する河川の実態を定期的に把握して河川行政の適切な運営と河川事業の円滑な実施に資すことを目的に、全国統一のデータを用い、同一の手法により全国の一級水系、主要な二級水系を対象に実施しています。

主な業務内容

流域界、想定氾濫区域界の整備

紙図面または整合性が確保できないデータ等、原典資料に立ち戻り、互いの位置関係について整合性が確保されるように再作成いたします。

統計データ(電子データ)の整理

国勢調査および経済センサスの統計情報を、配分比(土地利用分類を用いた重回帰分析により算出)により各100mメッシュに割り当てます。

流域内、想定氾濫区域内データの集計

調査区域内の統計データ,領域面積,施設情報等を、流域別および想定氾濫区域別に集計いたします。

調書作成用の各種GISデータ作成

集計結果をとりまとめたCSVデータ、報告書への添付図に用いるGISデータ等を作成いたします。

成果イメージ

統計データ(総人口)

統計データ(総人口)

土地利用計画(森林地域)

土地利用計画(森林地域)

公共施設,災害時要援護者施設

公共施設,災害時要援護者施設

情報発信

お問い合わせ

電話でのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

eメールでのお問い合わせは

協進エンジニアリングへのお問い合わせはこちらまで

アクセス

有限会社協進エンジニアリング

〒532-0011

大阪市淀川区西中島4-13-22

大拓ビル17 301号室

ブログ